【和田彩花】【美術がすき】season1-1「 エドゥアール・マネとの出会い」

【美術がすき】season1-1「 エドゥアール・マネとの出会い」

【美術がすき】season1-1「 エドゥアール・マネとの出会い」

19世紀にパリで活躍した画家エドゥアール・マネが大好きな私がマネについてお話しするシリーズ動画です。

・展覧会
 三菱一号館美術館「マネとモダン・パリ」2010年
 三菱一号館美術館のHP
・展覧会カタログ
 『マネとモダン・パリ』三菱一号館美術館、2010年
・作品
 マネ《死せる闘牛士(死せる男)》1863-1864年 / 1865年(切断と改変)
 油彩、カンヴァス 75.9×153.3㎝ ワシントン、ナショナルギャラリー

《死せる闘牛士》が批判された理由については後の動画の中でお話しできると思います。
私の大好きな黒い絵の具についても後の動画でお話しします。

次回は、マネの人物像についてお話しします。

コメント

  1. ナルシス萌衣 より:

    好きなものを語れるっていいなぁ

  2. Horuakuthi IDOL TV より:

    ビジュルムや!

  3. Jay より:

    本番来たって感じですね。やっと美術の動画が来た!マネもその以外の画家や作品に関しての動画もよろしくお願いします。

  4. Love & Peace より:

    あやちょ、少し痩せましたね?
    よく食べて、よく寝てくださいね☺️

  5. BIG. BOSS より:

    あやちょの美術に対する想いは、本当に素晴らしく思いますね。(^○^)/。

  6. 000yuuu より:

    あやちょが展覧会のポストカードをどうやってまとめてるのか気になってたので見られて嬉しいです♡

  7. おかゆ より:

    やった~~~!!!あやちょを魅了したマネさん、すごく気になってた。
    私はモネさんが好きだから、そこから広げて美術勉強したいな、、、

  8. 雨慈 より:

    人が何かと出会った時のエピソードってすごい温かい気持ちになる。同じものでもそれぞれ違っておもしろい。

  9. tanaka ken より:

    音が小さいです。山田さん、ピンマイク買ってください。

  10. 与太郎 より:

    編集無しでフルでみたいです!

  11. まい。しゅみ より:

    あやちょ癒される

  12. 細見政彰 より:

    最初の衝撃を受けてそこからずっと好きでいられるってすごいことだと思います。それだけ魅力を感じ取れる感受性の豊かなあやちょはすごいです。揺るぎない好きがあるっていいことですね。

タイトルとURLをコピーしました