【和田彩花】Wada Ayaka NEWTOWN2019 LIVE PERFORMANCE

Wada Ayaka NEWTOWN2019 LIVE PERFORMANCE

この気持ちの行く先に(仮題)
作詞:和田彩花
作曲・編曲:goldholics
Music produced by goldholics
公式サイト

公式ブログ

Twitter

Instagram

YouTube

Facebook

コメント

  1. はりもぐら より:

    表現者としても芸術家としても、アーティストとしても、まだまだ見ていてて恥ずかしくなってしまうなぁ…と思ったけど、

    アイドルの新しい形。を生み出したい。

    という前提を持ってみると
    アイドル=成長ストーリーなのであれば
    今この未完成なパフォーマンスを見せること自体がアイドルの芸能活動なのかもしれない。

    10年前、歌が下手だった彼女が努力を重ねて立派なアイドルになったのをみて涙したことを振り返ると、また数年後に「最初はこうだったのに、ここまでできるようになった」というアイドル的な楽しみ方のできる可能性が高い。

  2. saku より:

    この感じがパッと入ってくる人と全然合わない人、どちらにも届けようとするのは物凄く厄介なことだと思う。
    どんな風になっていくかわからないけど私は見続けたいし応援します。

  3. だぼ より:

    あやちょって言葉選びとかそもそもあやちょ自体が独特で唯一無二だから作詞どんどんしてほしい
    あやちょの世界を見せてほしい

  4. のびたろう より:

    スマイレージ、アンジュルムの頃の和田彩花が残っているようで残っていない、新しい和田彩花が生まれたって思う

    フリフリ可愛いだけがアイドルじゃない、けどかっこいいだけがアイドルじゃないって教えてくれたのはあやちょでした

    新しいアイドルの形をあやちょ自身で証明してくれるのだと思うと、この先楽しみでしかない

  5. mk f より:

    ハロプロのあやちょを好きで推してたから最初はあやちょのこういう路線好きじゃなかったけど、今はあやちょがアイドルとしてこういう主張、表現をする先駆者となって活動するのって大事だしカッコイイしなによりあやちょがやりたい事やれてて良かった

  6. HANBUN NEKO より:

    題名:アイドル
    作家:和田彩花

  7. さらだ より:

    あやちょからは学ぶことが多くて
    明日が楽しみになるよありがとう

  8. たぴぉか より:

    1番歌とダンスが苦手だった人とは思えない
    努力の大切さを改めて教わりました

  9. Suri ringo より:

    前回に引き続き今回の曲も何回も聴きたくなるんだよね
    それだけ中毒性もあるしメッセージ性がある

  10. PARI PARI より:

    前やってたけど本当に今のあやちょジャンヌダルクの様だと思います。

  11. よう より:

    ずっとついていきます!

  12. なそ より:

    やりたい事をずっと貫いて欲しい。ついて行くよ!

  13. ManBeHUMBLE より:

    I like her charm as a soloist. Does this song available in spotify?

  14. サト より:

    アップフロントはこの子や鞘師さんが他事務所に移っちゃうことに対して危機感ないんかな?

  15. 吾輩は猫 より:

    歌がすごく好きで、この系統もすごく好きだけど
    踊りにもう少し磨きをかけてほしいなと思ってしまう
    歌いながらのやつは動きが小さくても味があると思えるけど
    間奏ので少し興ざめ、狭いところで踊ってるっていうのもあるのかな?

  16. Color_4989 より:

    ライブツアーが発表されたけどどんな世界観になるのか楽しみ!

  17. ドロ98 より:

    和田さんは私の憧れ

  18. u hs より:

    あやちょの気持ちをもっと知りたい

  19. とさのこ より:

    もしお金をとるつもりなら自分の歌唱力に見合う歌を歌った方が良い

タイトルとURLをコピーしました